ueno-edpの家づくりの考え方

かつて、日本の一般的な木造住宅の寿命はたった30年ほどと言われていました。短命の大きな原因は、柱などの建物躯体部の腐食です。
そして、デザインや機能、間取りなどが年月とともに家族の暮らしに合わなくなってしまうことも原因の一つです。建てた人や住む人の思いが込められた家がたった30年ほどで取り壊しや建て替えとなってしまうのは、なんともったいないことでしょう。

鳥取県にて注文住宅建築を行う「ueno-edp(ウエノ・イー・ディー・ピー)」が目指すのは、子どもや孫の代までのこすことができる家づくりです。「スクラップ・アンド・ビルド=(すぐに)壊して建てる」という考え方から、末永く快適に残せる住まいにシフトしていきたいと思っています。長期的に安全に暮らすことができる耐久性や耐震性、機能的で高性能な設備、デザイン性を兼ね備えた住宅を、手の届く価格で実現しています。

また、ueno-edpではただ建てるだけでなく、建てた後のご家族の安心の暮らしを支えるために人生設計のアドバイスや資金計画のサポート、住まいのアフターメンテナンスも行っています。一生涯お客様の暮らしをサポートしていくことも当社の役割です。経験豊かな建築家がお客様のライフスタイルと予算に合わせて理想の住まいを形にしますので、どうぞ安心して当社にお任せください。

築家とつくる家

建築家とつくる家

家族が自然と集まるリビングダイニング、家事動線がスムーズで使い勝手の良いキッチン、子どもとペットがのびのび遊べるお庭……お客様が思い描く理想の住まいとは、どのようなものでしょうか。
当社では、知識や経験が豊富でセンスが優れた建築家が、お客様の住まいに対するこだわりやご要望を詳細にヒアリングし、ご家族にとっての理想の住まいをご提案しています。

また、単に理想を追い求めるだけでなく、予算も考慮したご提案をしています。建築家が予算管理をしっかり行いながら進めますので、予算内で最大限実現可能なプランやコスト削減プランをご提案しますので、ご安心ください。建築家とつくる家の詳細は以下をご覧ください。

詳しくはこちら

ッシブデザインについて

パッシブデザインについて

当社が提案する注文住宅は、単に機能性やデザイン性に優れているだけではありません。太陽光や熱、風といった自然エネルギーを有効利用して、快適な住空間をつくる「パッシブデザイン」を採用することで、人が心地良く暮らせる性能を備えています。

パッシブデザインを活用することで、1年を通して気温の変化が少なく“夏涼しく、冬暖かい”住まいを実現できます。さらにエアコンに頼り過ぎることがないため、光熱費などの生活コストも抑えることができるというメリットもあります。当社が行うパッシブデザインについての詳細は以下よりご確認ください。

詳しくはこちら

ZEH(ゼッチ)の基準を超える高性能

ZEH(ゼッチ)の基準を超える高性能

快適な住まいとは、部屋の温度が常に適温に保たれている家のことだと当社は考えます。

四季の移り変わりとともに気温が大きく変動する日本の気候において、部屋の温度を一定にすることは容易なことではありませんが、当社では気密性と保温性を高め、計画換気を行うことで、常に一定の室温に保ち住み心地の良い家を実現しています。

一年中快適に過ごせ、ご家族が長く健やかに暮らせる住まいを実現するための取り組みについては以下をご確認ください。

詳しくはこちら

づくりは賢い資金計画から

こだわりの家づくりを手の届く価格で

当社では、国土交通省などの公的な機関を含めた信頼できる情報元のデータを元に作成されたライフシミュレーションを活用して、お客様の最適な予算を算出しています。

土地の現地調査も綿密に行った上で家づくりにかかる総予算をお出ししていますので、より正確な予算を知ることができ、心から安心して家づくりを進めることができます。

詳しくはこちら