よい住まいを手の届く価格で

よい住まいを手の届く価格で

あなたやご家族はどのような住まいをお望みですか。家族でゆったり過ごせるリビング、趣味を楽しむことができる空間、水廻りなど生活動線を意識した使い勝手のよいキッチン……、お客様によって思い描く理想の住まいはそれぞれでしょう。

鳥取県にて注文住宅建築を行う「ueno-edp(ウエノ・イー・ディー・ピー)」では、建築家とともにつくる高機能でデザイン性の高い住まいをご提案し、お客様の理想の住まいを手に届く価格で実現しています。建築家による新築一戸建てというと高価なイメージがあるかもしれませんが、当社のご提案する住まいは違います。目に見えないコストを極力少なくする工夫や、独自の建て方のルールを設定することにより、コストパフォーマンスの高い家づくりを実現しています。

ぜ手の届く価格で提供できるのか

なぜ手の届く価格で提供できるのか

従来の注文住宅建築では、高い材料費や材料の無駄遣い、長引く工期など、目に見えないところでコストが膨らんでしまうケースが多く見受けられます。当社では、これらのなかなか見えないコストを極力減らす使い方、建て方のルールを独自に設けることで、コスト削減を実現しています。

R+houseの建て方のルール

R+houseの建て方のルール

標準仕様では、寸法・仕様・外観・設備にそれぞれ一定のルールを設けています。ルールを設けているのは、住宅の強度や耐久性、性能に関わる部分や、建物躯体部分など後からの変更が難しい部分。この標準仕様で建てる場合、スタンダード価格となります。標準仕様と言っても、省エネルギー性・耐久性・耐震性に優れ長期優良住宅基準をクリアするほど高機能・高性能を備えていますのでご安心ください。

このようなルールを設けることで職人の手間を省き、作業効率を高めることができます。それにより建築時間を短縮でき、コスト削減につながります。もちろん標準仕様だけでなく、オプションもご用意。必要な部分をオプションで付け足すことで、さらにオリジナルの住まいをつくることができます。