Q&A

鳥取県にて注文住宅建築を行う「ueno-edp(ウエノ・イー・ディー・ピー)」がお客様からよくいただくご質問にお答えしています。こちらにないご質問はお手数ですが、直接当社までお問い合わせください。

Q.対応エリアを教えてください。
A.オフィスのある東伯郡を中心に、鳥取県全域が対応エリアになっています。ただし、これ以外の地域でも対応できることがありますので、まずはお問い合わせください。
Q.見学会やイベントに参加したいのですが……。
A.当社では、見学会やイベントを随時開催しています。お金のことや土地のこと、設計・デザインのことなどを知り、実際に建てられた家を見学することで、難しく思えていた家づくりがずっと身近なものに感じられるはずです。ぜひこの機会にご家族そろってご参加ください。

見学会やイベントの詳細はこちら

Q.建築士に依頼するメリットを教えてください。
A.病気になれば医者に行くように、また、トラブルがあれば弁護士に相談するように、その道の専門家に聞くことでスムーズかつ最適な解決へ導くことができます。それは、家づくりを建築士に依頼する際にも同様のことが言えます。建築士と一緒に家づくりを進めることで、よりスムーズに理想通りの家を叶えることができるのです。建築士なら土地の状況や家へのこだわり・要望、家族構成、住み方、予算など、お客様に応じた設計・デザインをすることができ、住む人に合わせて家をつくることができます。
Q.建築士に依頼すると設計料が高くつくと聞きました……。
A.家を建てるにあたり設計図面は絶対に必要であり、建築図面を書くのは建築士です。ハウスメーカーや施工会社の中には設計料無料と謳っている会社もありますが、実際には施工費など他の費用に含めているだけで無料ではありません。当社では、設計料をきちんと明示しているため一見高く感じてしまうかもしれませんが、実際他社と見積もりに大きな違いはありません。さらに、建築士はコスト管理を行うのも仕事ですから、お客様のライフプランに合わせた予算で家づくりができるよう材料や設計に工夫をしてコストダウンを図るご提案をすることも可能です。どちらにしても「設計料が無料」などと間違った提案をしてくる会社とのご契約は避けるべきでしょう。
Q.コストを下げても構造や性能には影響はないのでしょうか?
A.影響はまったくありません。当社は、品質を落としてコスト削減を図るローコスト住宅とは異なり、目に見えないコストを極力少なくする工夫でコスト削減を図っていますから、家の構造や性能を左右する部分には高品質の材料を使っています。
Q.土地探しも手伝ってくれるのですか?
A.はい。当社の施工エリアである東部・中部・西部とその近郊で提携している不動産屋さんと土地探しのお手伝いをさせていただいています。他の地域においては、その土地に詳しい系列店舗をご紹介させていただきます。
Q.アフターメンテナンスについて教えてください。
A.当社では、建てた後もご家族の暮らしの安心を見守るために保証・アフターメンテナンスをご用意しています。10年間の瑕疵担保保証はもちろんのこと、定期的なメンテナンスなど充実したサービスを通じてお客様の安心の暮らしをサポートしてまいりますので、どうぞ安心してお任せください。

アフターメンテナンスの詳細はこちら

Q.アンティークのドアを付けたり、海外の大型設備を取り付けたりすることはできますか?
A.もちろんそのようなご希望にも沿うことはできます。ただし、形状やサイズが標準仕様とは異なる場合、施工が困難になり、職人さんの手間や作業時間がよけいにかかる可能性があります。その場合はコストに影響が出ることがありますがご容赦ください。
Q.インテリアなどは好みのものを選べますか?
A.はい、もちろんです。インテリアは住み心地を左右する大切な要素です。当社では、室内建具や床材、壁の素材など、室内デザインに関わる内装材には幅広い選択肢を設けています。ヒアリングの段階でお客様のご希望するテイストを選択できるようご相談させていただきます。
Q.外構工事(ウッドデッキや塀など)もお願いできますか?
A.はい、もちろんです。