高気密・高断熱・耐久性・耐震性にこだわった高性能住宅

鳥取県にて注文住宅建築を行う「ueno-edp(ウエノ・イー・ディー・ピー)」では、デザイン性や機能性だけでなく、1年中ご家族が快適に過ごせ長く健やかに暮らせる住まいを実現しています。こちらでは、当社が考える快適な住まいを叶える高性能住宅についてご説明します。

ueno-edpが考える快適な住まいとは

ueno-edpが考える快適な住まいとは

快適な住まいというのは、部屋の温度が1年中適温に保たれている保温性の高い家のことだと当社は考えます。住まいの構造を工夫することで、冷暖房に頼らなくても年間を通して快適に過ごすことができます。
こちらでは快適な住まい空間を実現するために当社が行っている取り組みについてご紹介します。住まいの省エネルギー化「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」(=使う電気<創る電気」)の基準をもしのぐ高性能とは?

快適な住まい=高気密+高断熱+計画換気

1年中住まい空間を快適に保つには、気密性と断熱性、換気がポイントになります。当社では気密性と断熱性を高め計画換気を行うことによって、常に一定の室温に保ち住み心地の良い家を実現しています。

高気密+高断熱+計画換気

気密・高断熱にこだわった家づくり

高気密・高断熱にこだわった家づくり

“夏涼しく、冬暖かい”理想的な住まい空間を実現するためには、外気の影響を受けない室内の「高断熱性」を確保すること、そして室内の温度を外に逃がさない「高気密性」を併せ持つことが重要です。

高い断熱性を備える指標

住宅の断熱性は「Q値」または「UA値」という指標で表されます。数字がゼロに近いほど高い断熱性を持つことになります。当社の建てる注文住宅は、Q値、UA値ともに日本の断熱化基準である「省エネ基準」(4~6地域=東北の一部~九州の一部での等級4)を大きく上回っています。

等級4 ZEH基準
(鳥取県)
ueno-edpの基準
4(旧Ⅲ)地域 5,6(旧Ⅵ)地域
Q値 2.4W/㎡・K 2.7W/㎡・K 2.0W/㎡・K
UA値 0.75W/㎡・K 0.87W/㎡・K 0.6W/㎡・K 0.5W/㎡・K
高い気密性を備える指標

住宅の気密性は「C値」という指標で表されます。C値は床面積1m2あたりの隙間面積(cm2)で示され、数字がゼロに近いほど高い気密性を持つことになります。従来の日本のC値の目標は5.0(cm2/ m2)程度ですが、当社ではその10分の1の0.5(cm2/ m2)に目標を設定し、より高い気密性を備えています。

上記のように当社では、高気密・高断熱を追求しています。高気密・高断熱の住宅は心地良い空間をつくってくれるだけでなく、冷暖房のランニングコストを抑えるというメリットもあります。

イメージ画像

※全棟、施工中、完成時の2回、機密測定を実施しています。

部結露を防いで、高耐久を実現

内部結露を防いで、高耐久を実現

日本の木造住宅の寿命が約30年と短い理由は、結露が柱など建物躯体部分に生じることで腐食が起こることでした。この結露を防ぎ住宅の耐久性を高めるためには、「高気密」「換気」が必要不可欠です。
特に計画換気により、室内の湿度をコントロールすることが重要になります。

高効率の熱交換型換気システム(第一種換気)

高効率の熱交換型換気システム(第一種換気)

空間全体の気密を高めると空気の通り道をしっかりと確保することができ、室内に新鮮な空気を循環させることが可能になります。

当社では、高気密・高断熱に加え、正しい計画換気を実現することで、耐久性の高い木造住宅を実現しています。

だ、高断熱というだけではありません。

パッシブデザインについて

当社が提案する注文住宅は、単に断熱性やデザイン性に優れているだけではありません。現代の高断熱住宅に多い欠点とも言われていますが、断熱性を高めるだけだと、冬は暖かくなりますが夏は暑くなります。本当に、冬は暖かく、夏は涼しい「清涼感」のある家・「保温性」のある家を実現するために、パッシブデザインを取り入れています。

パッシブデザインを活用することで、1年を通して気温の変化が少なく“夏涼しく、冬暖かい”住まいを実現できます。さらにエアコンに頼り過ぎることがないため、光熱費などの生活コストも抑えることができるというメリットもあります。

パッシブデザインについて

期優良住宅基準に対応しています

長期優良住宅基準に対応しています

長期優良住宅とは、構造駆体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画の9つの観点から、高い基準に適合していると認められた住宅のことです。

当社が建てる注文住宅は、長期優良住宅基準に適応する性能を備えています。長期優良住宅は住み心地が良く、高い耐久性を持つことに加え、税制や融資(金利)の面で優遇措置など資金面のメリットも受けられます。