建築材 -檜編-

2020/10/09

 

 

建築に使用される材料には多くの種類があり、それぞれに特徴があります。

 

今回は住宅によく使用される木材、その中でも檜についてその特徴や主な使用用途をお話ししたいと思います。

 

 

 

檜ってどんな木材?

 

檜はヒノキ科ヒノキ属の常緑針葉樹で、日本全国に生産地があり、特に福島県東南部以南に生産地が多い木材です。

 

建築木材として日本では最高品質のものとされています。

 

古くから神社仏閣を建てるための木材として用いられており、世界最古の木造建築としても知られる法隆寺も檜で建てられています。

 

 

 

檜の特徴

 

檜の特徴はなんといっても、美しい光沢と特有の芳香があることが挙げられます。

 

それに加えて粘りとしなりがあり、折れにくく、群を抜く強度と耐久性を持っているため長持ちします。

 

さらに菌や虫などに対する耐性が高く、空気中の水分を吸ったり吐いたりする調湿機能を持っています。

 

 

 

こんな効果もある?

 

檜の芳香には、自律神経を安定させ、集中力を高める効果があると言われています。リラクゼーション効果もあると言われています。

 

さらには抗菌効果などを持つ有用な物質が多く含まれていることがわかっています。

 

 

 

檜はどんな場所でよく使われる?

 

檜は強い強度と耐久性があるため、住宅の土台や柱などの構造材としてよく使われるほか、「檜舞台」という言葉があるように床材としても使われます。

 

 

また加工がしやすいことから建具や彫刻、水に強いことからお風呂、抗菌作用があることから高級寿司のカウンターなど、実に多くの用途で活躍するオールマイティーな木材です。

 

 

 

まとめ

 

檜は美しさだけでなく強さを兼ね備え、古くから愛され日本人の生活を支える素晴らしい木材ですね。

 

 

 

 

 

 

家に生活スタイルを合わせるのではなく、「お客様ごとの生活スタイルに合わせた家」をueno-edpでは提案しております。

もっとueno-edpを知りたいという方は、お気軽に資料請求・お問い合わせください!

 

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

 

 

 

[受付 9:00 – 18:00  /  休:水・祝]

 

 

[365日24時間受付中 ] トークルームからカンタン送信!

個別相談予約: お名前・電話番号・ご希望の日時を第2希望までご入力ください

※資料請求:お名前・電話番号・住所・“資料請求”とご入力ください。

 

 

[365日24時間受付中] 

※ 個別相談予約、資料請求それぞれフォームに沿ってご入力くくだください。

 

 

 

▷施工事例は コチラ  

お客様の声は コチラ  

イベント情報は コチラ