U-team ー職人に聴くー episode2.『お客様に喜んでもらうために』

2021/09/19

 

 

お客様の理想の暮らしを住宅建築家が描き、大工さんをはじめ多くの職人の方々(U-team)が腕を振るうことで完成する新しい住まい。

 

 

住宅建築家を含むU-teamのプロフェッショナル達が、互いに持つ「経験・技術・感性」が融合するからこそ、数十年後も価値ある住まいを提供し続けることができます。

 

 

設計と現場がお客様のことを第一に考え語り合い、細かな手しごとでカタチを生み出すueno-edpの家づくり。カタチにできる職人の方々が居られるからこそ、理想の家を実現できます。

 

 

 

 

 

そんなU-teamの職人を紹介するシリーズ『U-team ー職人に聴くー』 第二回目は建築板金業 Iさんです。

 

 

▶︎第一回目

 

 

 

 

 

 

 

 

episode  2.

『お客様に喜んでもらうために』
 建築板金 Iさんの仕事

 

 

 

 

 

 

__ 建築板金とはどんな仕事ですか?

 

住宅に関しては、主に鈑金の屋根・外壁・雨どい。設計士さんが図面に書く指示通りに加工をして取り付ける。

 

 

 

 

__ Iさんも現場に出られますか?

 

毎日だわい。仕事がおもっせえだん。現場出とれば体力つくけ、健康にもええで。

 

 

 

 

 

 

__ 建築板金の仕事の魅力とは?

 

お客さんに喜んでもらえること。そのためには、プライドを持って良い仕事をしなくちゃいけない。「ええ具合にできたなぁ。これだったらお客さんに喜んでもらえるなぁ。」って自分でも納得できるものを。汚い仕事をしたって、お金はいただけん。自分のためじゃなく、お客様のために良い仕事を。
素人さんは見て分からんかもしれんけど、建築に携わる人だったら目が肥えとるけ、ここまで手をかけとるって分かると思う。

 

 

 

 

 

 

__若い方が多くいらっしゃいますが、仕事はどうやって教えられますか?

 

現場に一緒に行った後、会社に戻ってから、「あそこはああだぞ、こうだぞ」って色々アドバイスするだが。今は、10年選手らちが教えて、それに若いもんがついて行きよるけ、俺はもうそがに教えるっちゃなことないけ。

 

 

 

 

 

__どんな想いで見守っていますか?

 

居る人間一人ひとりが独立できるくらい覚えてくれたら。仕事があるってことは、自分も勉強できる。そう思って一生懸命頑張ると、自ずと覚えるのも早いし、早くなって、上手くなって、綺麗になって、良い仕事ができるってことだし。何よりお客さんに喜んでもらえる。

 

 

 

 

 

 

「お客様に喜んでもらうため」と何度も話してくださったIさん。
Iさんも、その下で仕事を覚えていかれる職人さんたちも、
そしてU-teamの全ての職人が同じ気持ちで家づくりをしています。
 
 

ueno-edpの住宅建築家・U-team との家づくりに興味を持ってくださった方、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

 

 

 

 

▽ 資料請求、お問い合わせはこちらから ▽

 

[受付 9:00 – 18:00  /  休:水・祝]

 

 

 

[365日24時間受付中 ] トークルームからカンタン送信!

※ 個別相談予約: お名前・電話番号・ご希望の日時を第2希望までご入力ください

※資料請求:お名前・電話番号・住所・“資料請求”とご入力ください。

 

 

[365日24時間受付中] 

※ 個別相談予約、資料請求それぞれフォームに沿ってご入力くくだください。

 

 

 

▷施工事例は コチラ  

お客様の声は コチラ